スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめアニメ(2005~2006年版)

おすすめアニメ:(2005~2006年版)


劇場版も盛んになってきました。
TVアニメも週に80本とか作られる時代なので、多すぎてどれが面白いのか分からない、という場合が多々あるかと思います。

ということでオススメアニメ(2005~2006年版)。

歴史に残る名作系
・ひぐらしのなく頃に・・・神がかってます。
・N・H・Kにようこそ・・・これぞ現代の若者って感じ。共感できる。


萌え究極系
・月詠・・・OPにビビった。
・苺ましまろ・・・かわいいは正義。
・ぱにぽにだっしゅ!・・・ギャグと演出が凄い。


萌え青春系
・涼宮ハルヒの憂鬱・・・京アニは神すぎ。
・フタコイオルタナティブ・・・OPが凄い、作画が鬼。


萌えファンタジー系
・灼眼のシャナ・・・黒髪ロングに日本刀といえばこれ。
・ローゼンメイデントロイメント・・・人形といえばこれ。
・ゼロの使い魔・・・ピンク髪ロングにウェーブといえばこれ。


ロボ系
・創聖のアクエリオン・・・壮大なロボ。


少女漫画系
・ハチミツとクローバー・・・みんな片思い。


2006夏の劇場アニメ
・時をかける少女・・・夏だ青春だ。



個人的にオススメなものを書いてみました。やや萌え系が多くなっているけど、実際見てると萌え系じゃないアニメで面白いものって極端に少ないのでこういう感じになりました。


2006年という年は、稀にみるアニメ当たり年だと思っていて、自分的には当たり年だった1997年(エヴァ劇場版・ウテナ・ナデシコ・ベルセルク・もののけ姫などがありました)に匹敵するレベルだと思う。

特にひぐらしのなく頃にとN・H・Kにようこそ!の存在が大きく、どちらも今後の漫画・アニメ界の流れを大きく変えてしまう作品になると思います。その兆候というのはすでにあって、例えば少年エースに連載されている未来日記という作品はひぐらしの影響が強く感じられ、なおかつ非常にレベルの高い作品になっています。
ホラーサスペンス的なものでキャラクター物という流れがひぐらしのなく頃にの登場によって強烈に印象づけられた為、今後このタイプの作品が数多く生まれてくる可能性は高いと思います。

N・H・Kにようこそ!の方は、オートフィクションの流れを生み出す可能性があります。オートフィクションとは自伝風創作のことであり、自分の体験をベースに物語を作る手法です。作者=主人公なのかという錯覚を起こすのもこのジャンルの特徴といえます。文芸の世界では金原ひとみのオートフィクションという作品があります。


70年代のSFブーム、80年代のファンタジーバブルを経て、90年中盤以降からライトノベルを中心としたローファンタジーブームが続いて2006年まで主流を形成してきたわけですが、今後の流れとしてホラーサスペンス物・オートフィクション物の流れが来る可能性は結構あると思います。ただし、どちらも書き手に才能がいるかも・・・企画主導だとこういうタイプは生まれないと思うので。


また、ひぐらしについては、同人に名作なし、と言われていたのを完膚無きまでにひっくり返したという意味合いもあり、第8章の祭囃し編は今年のコミケの目玉でもあります。漫画の世界には昔から、○○に当たりなし、とかいう言葉があって、例えばサッカー物に当たりなしとか、バスケ物に当たりなしとか、同人に名作なしとか。結局振り返ってみると、そういうのをひっくり返したものが実は名作だったみたいな。


また、今まで主流だったロボ系に顕著な落ち込みが見られ、ローファンタジーのほうも限界まできているかなという感じを受けます。ロボ系は明らかに息切れを起こしていて、今後非常に苦しいと思います。ローファンタジーのほうはいつの時代も受けるという部分があり、かつ現実にファンタジー要素を持ってくるというのは物語を作る際に非常に都合がいいので今後も残っていくと思います。



人気ブログランキングに一票お願いします








スポンサーサイト

テーマ : オススメ! - ジャンル : アニメ・コミック

WEB漫画

オリジナルのWEB漫画を描こうかと思います。

タイトルは「ハイ・ファンタジー」


6月頭頃から考えてたので、世界観とかキャラとかはだいぶ出来てます。元MMORPG廃人の意地と誇りにかけて、面白く描けたらいいなと思っております。ということで続く。

第135回芥川賞・直木賞

第135回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が13日夜、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞に伊藤たかみさん(35)の「八月の路上に捨てる」(文学界6月号)、直木賞に三浦しをんさん(29)の「まほろ駅前多田便利軒」(文芸春秋刊)と、森絵都さん(38)の「風に舞いあがるビニールシート」(同)が決まった。
 伊藤さんは、昨年2月に第132回直木賞を受賞した作家・角田光代さん(39)の夫。今回の受賞決定によって、初の芥川賞&直木賞作家の夫婦が誕生することになる。
 また、三浦さんは87年の第97回の山田詠美さん(受賞時28歳)以来19年ぶりに、20代での直木賞受賞で、歴代でも4番目の若さ。
読売新聞 - 7月13日22時18分更新



って、三浦しをん(ボイルドエッグズ所属)直木賞受賞ってマジか・・・
ボイルドエッグズと言えばなんといっても滝本竜彦。だったのだけど、三浦しをんまで直木賞取っちゃって、ボイルドエッグズ凄いね。
滝本竜彦繋がりでボイルドエッグズの作家はちょくちょく読んでて、最近では万城目学の鴨川ホルモーもアマゾンで買って読みました。鴨川ホルモーは純文学のような文体の本格派でありながら、その実ローファンタジー作品という、結構凄いとこついてきてる。三浦しをんが賞取るなら滝本竜彦にもなんか上げてよ!って感じ。万城目学のほうがなんかでかい賞を先に受賞しそうな気がするけど。



ボイルドエッグズ(BoiledEggs)というのは、早川書房の編集者の村上達朗という人が早川をやめて1人で立ち上げた作家エージェント会社。この人が最初に目をつけたのが三浦しをんで、早川の就職面接にきた三浦しをんが書いた作文を読んで、「入社試験の作文、おもしろかったですよ。」と突然電話したらしい。(ソース:ファウストvol6)
三浦しをんに自分のサイトでエッセイを書かせていた村上の下に、これまたなんの偶然か、デビュー前の滝本竜彦が舞い込んで来る。この時、滝本竜彦はネガティブハッピー・チェーンソーエッヂを電撃小説大賞に応募していたが、見事に1次落ち。この小説をそのままボイルドエッグズに送りつけた。
結果的に、1次落ちしたネガティブハッピー・チェーンソエッヂを大幅に改稿して、悪の組織のでてこない第1章のみを400枚にして、第5回角川学園小説大賞の特別賞を受賞する。

しかし、この村上達朗という人はもの凄い強運というか、審美眼が飛び抜けてるのか、1人で会社を興して最初に出会ったふたりが直木賞受賞の三浦しをんとNHKにようこそ!で圧倒的影響力を誇る滝本竜彦とは。ほんと奇跡みたいな話である。




人気ブログランキングに一票お願いします。


ゼロの使い魔

タグ:イラスト 二次創作 ゼロの使い魔





今週のツンデレ


ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールさん

<ゼロの使い魔:二次創作>



最近のアニメ寸評

・ひぐらしのなく頃に・・・歴史に残る名作。

・N・H・Kにようこそ!・・・タッキーは天才。



イラスト1枚しかないのに人がいっぱいきて申し訳ないので、
ゼロ魔のおすすめサイト紹介(リンクフリーのとこだけ)


ゼロ魔

イラスト・漫画
http://aura.stepserver.jp/

http://www.kyabe.sakura.ne.jp/

http://rakugakigoya.blog66.fc2.com/

http://haruka.saiin.net/~yorimichi/ziken/blog/

小説
http://harunovel.blog82.fc2.com/






人気ブログランキングに一票お願いします。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。