スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2話UP

タグ:VR ひとりでラノベ オリジナル コミケ C73


※追記 以下の部分は第1話の冒頭部分になりました。

第2話目もUPしてみるテスト。
自分的には結構上手く書けたんじゃないかと・・・・・なんか方向性も見えてきた感じ。
てか、本当は戦争物なんですけどね。いつになったらそこまで辿り着くのやら。



  第2話 はじめての年代記


 2001年、冬。東京都中野区も寒かった。
 俺は高校2年で、大学受験対策を考え始めていた。といっても大学付属高であり、もともと推薦狙いで高校も入ったので、このまま波風立てずにおとなしくやっていけば、確実に付属大学へと行ける位置をキープしていた。
 そんな折、お隣に住む俺の幼馴染み、中川深衣(なかがわみい)が「おもしろいネットゲーム見つけたからあんたも始めなさい」と勧誘してきた。誘うというよりも半分命令といった感じだろうか。まあ、俺もネットの申し子と言われた男なので、オンラインゲームのひとつもやった事がないというのはいかがなものかと思い、早速公式サイトからゲームをダウンロード、必要環境もOK、インストールして始めてみた。それが『アカシック年代記』との最初の出会いだった。

 ・・・・・・衝撃だった。不安を煽るようなBGMとともに、真っ暗な森にひとり、ポツーンと立っている。真っ暗な森の中を照らす、まばゆいばかりの一本の樹・・・・・・見上げると巨大な樹の上に村が展開されていた。村から光が溢れ出し、かなりの人数が移動したり会話したりしている。樹上(じゅじょう)で展開されるこの光景を眺めながら、ただ呆然とするだけだった。

「おーい、聞こえる?」(ピンク色で表示)

 ピンク色の文字がチャット欄を躍る。画面の下のほうにウィンドウが開いている。そこにチャットや攻撃などのログが表示されるようだ。

「これは遠距離でも通じる、TELL(テル)って言われてるチャットね。個人の間だけ聞こえるの。ピンク色で表示されているやつよ。周囲の人に聞こえるのはSAY(セイ)。SAYは白文字で表示されるから。入力は、TELLの後に名前を打ち込んで、その後半角スペース打ってから何か打ち込んでみて」

 俺は言われるとおりに打ち込む。「おーい」おお、ピンク色の文字でチャットが出た。どうやら上手くいったらしい。続けて入力。「みい、どこ」

「いますぐそばまで来てるよ。そろそろ見えると思う」

 本当に見えてきた。魔法使いが着るような真っ黒なローブと帽子を被った女キャラが。種族は人間っぽい。小柄で、髪型は前髪ぱっつんのロングヘアー、いわゆる姫カットだ。髪の色は彩度の高いオレンジ色をしていた。
「おまたせー」
「みい?・・・・・・なんか髪の毛凄い色なんですけど。どこの子ギャルかと・・・・・・」
「子ギャルで悪かったわね。オレンジ色かわいいじゃない。好きなの。明るくてサイコーでしょ」
「・・・・・・そうですね、とっても明るいと思いますです」
よく見たら、目も赤かった。髪の毛オレンジ色で目も赤いってどんだけー。まあ、こんなとこでみいをからかってもしょうがない。そんな俺のキャラの外見は、平均的な身長のハーフエルフで、黒髪のショートヘアー、やや耳が長い。鎧はまだ無く、ボロい布の服を着ている。といっても職業でクレリックを選択しているので、将来的には鎧よりもローブを着る機会のほうが多いだろう。

「なんかダガー1本しか持ってないんですけど」
「短剣1本で冒険に飛び出すなんて、まさにロマンじゃない。短剣だけに探検みたいな」
しょうもなー。なんでこうボケ合戦みたくなるのだろうか。ツッコミ役がいないからだろうか。こんな調子で誰もツッコミをいれない、というのが俺とみいの日常だった。
スポンサーサイト

やっぱコピ本で

タグ:オリジナル コミケ C73


毎日UPとか書いたけど、余裕でムリでした。
やっぱテキトーにいきますw


冬コミの本いろいろ考えたんだけど、やっぱコピ本にしようと思います。
オフセットでいこうと思ってたんだけど、少部数だと高いし、なによりカラーが高い。

んで、いろいろ調べた結果、12~16ページ程度ならキンコーズでプリントして、自分で中綴じ本作ったほうが圧倒的に安くて楽なんじゃないかと。
締め切りも冬コミ直前までいけるし。実は締め切りがでかいけどw
でも直前まで作れる分、内容がかなり充実させられる気がする。今回はサークル参加初めてだし、部数も全然読めないので、内容をもっと詰めていこうかと。


キンコーズのサイト見てみたら、USBメモリでデータ持ってけるし、なによりイラレ使えるじゃん!(俺イラレ使いなので)
うちのイラレで作ってそのまま印刷すればいいだけだからすげー楽。ラスター画像じゃないベクター線だからフォントきれいに出るし。小説本だからフォントの量が多いし。


表紙カラーで本文モノクロの中綴じだったら、印刷会社でもコピ本でも実質同じな気がする。
んで、キンコーズでデータから出力すれば、30部でだいたい3000円で作れる。ホチキスする手間がかかるけど、12~16ページって紙にして3~4枚しかないので、30部だったら速攻で終わるし。
ページ数多かったら印刷所に頼んでもいいかなと思うけど、少部数・少ページならコピ本のほうがいろいろ遊べると思うんだ。
原価が1部100円。これなら安くていい感じ。当初の想定の100円本も可能になります。

参考はコレ↓
正しい?コピー本のつくりかた。その20
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/2chbook/1189866897/

毎日UP再開します

タグ:VR ひとりでラノベ オリジナル コミケ C73


冬コミ原稿がやばいくらい進まないので、毎日UP再開します。
どうも見られてないと書けないっぽい。それと、こうやってブログの記事打つのって現実逃避的でなんらストレスなくサクサク進むけど、VerticalEditor(ワープロソフトみたいなやつ)に向かってると現実に向かってる気がして難しく考えてしまって途端に進まなくなります。

毎日UPのハードル作ると結構進むんだよね、去年の今頃もやってたけど。腱鞘炎悪化してたからやめたけど、文字打つのは絵より負担が少ないので毎日でもいけそう。



ということで、今まで書いたのをバッサリ切って、前回に書いた、2ってとこから書き出しにしようと思います。
1のとこ全ボツ。理由はなんか今イチだから。




  第1話 わたしを月につれてって


 1

 学校を出たところで中川深衣(なかがわみい)が待ちかまえていた。

 みいとは幼なじみで、家も狭い私道を挟んで真向かいである。なんの因果か、俺の部屋の真向かいがみいの部屋だった。真向かいなので、カーテンが開いていれば丸見えである。作り話のような話であるが、事実である。幼なじみの部屋が真向かいに!なんてファンタジーは、この広い世界では意外にもよくある事だったりするのだ。
~~~以下前回と同文
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。