スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ

タグ:感想系駄文


◇◆ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ◆◇


最近買って、読みました。きっかけはコレ↓

26 名前:名無しさん名無しさん[sage] 投稿日:05/02/24 15:42:45
十年前僕は小説家になろうとして、本当に台詞を全部言えるくらい「エヴァ」を見直したんです。
もしこれから何かを作る人になろうとしている読者の方がいたら、まずエヴァを観てないと話にならないのではないかと思います。
          ――滝本竜彦


このスレで発見しました。
コレ→http://comic5.2ch.net/test/read.cgi/iga/1108911779/




こういう言い回しを出来る人は只者ではないと思います。俺は小説は全然好きじゃなくてまるで読まないんだけど、ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂは購入。NHKにようこそ!漫画版1~3巻も買いました。小説をあまり読まないのは、作り話ってあまり好きじゃなかったんです。アニメは見まくってるけど。この辺が不思議。

んで、読み終わったんですが、チェーンソー男っていう比喩(暗喩)が良く効いていて、こういうのは好きです。雪崎絵里ちゃんも、これって作者の脳内妄想彼女なんじゃないかと思うんだけど、脳内妄想彼女を頭の中に宿してる若者はこれまた腐るほどいるわけで、その辺も若者の心理に合ってていい感じだと思います。

なんともいえない疾走感が気持ちいい。4章構成なんだけど、大雑把に起・承・転・結に分けちゃってるって言ってもいいかも。転の部分に当たる第3章からが一気に走ってく感じがあって、3章以降がこの作品の肝なんじゃないかなと思いました。

小説もアニメも漫画その他娯楽全般って、結局のところ巨大な現実逃避装置なわけで、食って死ぬだけの獣ではいられない人間が、何の為に生きるのかを考える為にあるわけで、ぶっちゃけヘタな考え休むに似たりというか。グダグダやってるだけなんじゃないかと。月に人を飛ばしたところで、別に深い意味はない。単純に考えて、全世界60億人の衣食住以外の余剰部分のエネルギーすべてを、出来るだけ遠くの宇宙の果てにひとりの人間を飛ばす事に費やしたとしても、意味なんかあるわけない。結局グダグダやって死ぬだけなのだ。

そんな気分がネガティブハッピーには詰め込まれてて、その辺が若者の共感を呼びます。


もうひとつ、チェーンソー男との対決にリアリティが無いところがこの作品のいいとこかも。くだらない闘争心の煽りとか、絶叫とか、もう飽きたよ、って要素が無いからいいというか。ハリウッド映画見て、絶叫する女にイライラする気持ちは万国共通であると思うのに。物語って万人が持ってて、それが聞きたいだけなのに、その単純なものを出せてる作品の少なさというか。売り物にするなら、そういう単純な物語を持ってきて、それに萌え絵でもくっつけちゃえばいいのにと思う。


そんなわけで、ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ、面白かったです。NHKにようこそ!もリアルで面白いです。

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。