スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第135回芥川賞・直木賞

第135回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が13日夜、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞に伊藤たかみさん(35)の「八月の路上に捨てる」(文学界6月号)、直木賞に三浦しをんさん(29)の「まほろ駅前多田便利軒」(文芸春秋刊)と、森絵都さん(38)の「風に舞いあがるビニールシート」(同)が決まった。
 伊藤さんは、昨年2月に第132回直木賞を受賞した作家・角田光代さん(39)の夫。今回の受賞決定によって、初の芥川賞&直木賞作家の夫婦が誕生することになる。
 また、三浦さんは87年の第97回の山田詠美さん(受賞時28歳)以来19年ぶりに、20代での直木賞受賞で、歴代でも4番目の若さ。
読売新聞 - 7月13日22時18分更新



って、三浦しをん(ボイルドエッグズ所属)直木賞受賞ってマジか・・・
ボイルドエッグズと言えばなんといっても滝本竜彦。だったのだけど、三浦しをんまで直木賞取っちゃって、ボイルドエッグズ凄いね。
滝本竜彦繋がりでボイルドエッグズの作家はちょくちょく読んでて、最近では万城目学の鴨川ホルモーもアマゾンで買って読みました。鴨川ホルモーは純文学のような文体の本格派でありながら、その実ローファンタジー作品という、結構凄いとこついてきてる。三浦しをんが賞取るなら滝本竜彦にもなんか上げてよ!って感じ。万城目学のほうがなんかでかい賞を先に受賞しそうな気がするけど。



ボイルドエッグズ(BoiledEggs)というのは、早川書房の編集者の村上達朗という人が早川をやめて1人で立ち上げた作家エージェント会社。この人が最初に目をつけたのが三浦しをんで、早川の就職面接にきた三浦しをんが書いた作文を読んで、「入社試験の作文、おもしろかったですよ。」と突然電話したらしい。(ソース:ファウストvol6)
三浦しをんに自分のサイトでエッセイを書かせていた村上の下に、これまたなんの偶然か、デビュー前の滝本竜彦が舞い込んで来る。この時、滝本竜彦はネガティブハッピー・チェーンソーエッヂを電撃小説大賞に応募していたが、見事に1次落ち。この小説をそのままボイルドエッグズに送りつけた。
結果的に、1次落ちしたネガティブハッピー・チェーンソエッヂを大幅に改稿して、悪の組織のでてこない第1章のみを400枚にして、第5回角川学園小説大賞の特別賞を受賞する。

しかし、この村上達朗という人はもの凄い強運というか、審美眼が飛び抜けてるのか、1人で会社を興して最初に出会ったふたりが直木賞受賞の三浦しをんとNHKにようこそ!で圧倒的影響力を誇る滝本竜彦とは。ほんと奇跡みたいな話である。




人気ブログランキングに一票お願いします。


COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。