スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMICリュウ1月号&コミックヴァルキリー2号 創刊ラッシュ漫画誌購入編第2弾

タグ:感想系駄文


腱鞘炎がいつまでたっても治らないので、2-3日右手休養しようと思います。
今日はCOMICリュウ1月号とコミックヴァルキリー創刊2号の感想など。


んで、昨日買ったCOMICリュウ。
タイミング悪かったのか良かったのか、1月号発売日前日に12月号買ってしまったわけですが、今日も続けて発売したばかりの1月号を買ってきました。

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2007年 01月号 [雑誌]


SF漫画誌って思い込んでたのだけど、どうもSF&ファンタジー漫画誌みたいです。昔のコミックリュウの表紙にSF&ファンタジーマガジンって書いてあったのをたまたま見ましたし。


でですね、そう考えると、これはもしや本田透が言うところのヘビーライトノベル思想と合致するのではないかと。ライトノベルは中高生向けに書かれているわけですが、実際は30代などにも広く読まれているわけです。が、そこでやはり大人向けのライトノベルが欲しくなったりするわけです。言わゆる、一般文芸のテーマを持ったライトノベル、ってやつです。

んで、一般文芸のテーマを持ったライトノベル、っていうくくりを持つノベルブランドは現在存在しないわけですが、これは漫画にも当てはまるわけです。大人を対象としたSF&ファンタジー漫画誌というのは、実は存在しなかったのではないかと。

アフタヌーンがかなり近い位置にあると思いますが、アフタヌーンはジャンル不問で面白さのみを問う、って書いてあるのでSF&ファンタジー漫画誌とは言い切れません。マッグガーデンのコミックブレイドがファンタジー漫画誌だけど、これも読者対象は中高生から若者向けといったところだと思います。メディアファクトリーの月刊コミックアライブはライトノベル的なコミック誌という感じ。中高生中心という前提からはやはり外れていないわけです。ちなみにこの3誌は読んだことあります。アフタヌーンはもう10年買い続けてて、もう置き場が無いって感じ・・・


まとめると、大人向けのライトノベルというのは実は無かったわけです。書き手の方には、大人向けのライトノベルを書きたい、という人は多いのだけど、それを認める環境が無いというか。そんなわけで本田透のヘビーライトノベルというファントム的思想へと繋がっていくわけです。
んで、ここにきて、大人向けのライトノベル的漫画誌も求められるようになってきたのではないかと。それにCOMICリュウが見事に合致するように感じたわけです。


となると、COMICリュウには若者に媚びることなく、大人向けの、一般文芸のテーマを持ったSF&ファンタジー漫画誌、という方向を貫いて欲しくなってしまうわけです。ということでコミックリュウは頑張って欲しいです。




コミックヴァルキリー創刊2号


COMIC (コミック) ヴァルキリー 2006年 10月号 [雑誌]


コミックリュウでちょっと大人な感じを味わったので、やはり対極にあるような、ネタ度100%の漫画誌が読みたくなってしまったわけです。なので、ヴァルキリーを合わせて購入いたしました。COMICリュウとヴァルキリーを合わせて買うって、ちょっとヘンタイっぽいかも。


んで、家帰って読んでみたら、すげー濃いwwwwww
なんか量も凄いし、なにより描き手ひとりひとりのパワーというか情念というか、もの凄いw
途中で読み疲れてしまって、最後まで一気に読むことが出来ませんでした。それくらいパワーがあります。

軽く説明すると、コミックヴァルキリーというのはリョナラー(女の子がエロピンチに陥って叫ぶのが好きな人)のリョナラーによるリョナラーのためのリョナ漫画誌です。

剣やガンや格闘や超能力や魔法使いや陰陽師やRPGなど、ありとあらゆる戦うヒロインがエロピンチ!

武器女(ブキジョと読みます)スキーここに極まれり!といった感じです。
やっぱり、女の子が機関銃撃ってちゃダメなんですよ、と言われるとやりたくなっちゃうのが人間なのです。痛くもかゆくもないもの読んでも、ゼンゼンつまんなーい、って言われちゃうわけです。そういった意味で、ヴァルキリーは個性全開で面白い雑誌だと思います。描いてる人もノリノリみたいで、画面から来るパワーが半端ない。この点ではCOMICリュウよりも圧倒されてしまいました。




しかし、個性的な雑誌が増えましたね。
やっぱりどれもこれも横ならびじゃ面白くもなんともないわけですよ。一般誌の売れ行きがガタ落ちなのもこの辺が原因でしょう。
これからはロングテールビジネス。これは間違いなし。必要な人に必要なものを届けて、誇大広告いっさい必要なし。そういうやり方で勝負しているところは、徹底的に応援していきたいところです。



COMICリュウとコミックヴァルキリー頑張れ~~~、という事で創刊ラッシュ漫画誌購入編第2弾終了~。





人気ブログランキングに一票お願いします。




テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。