スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手に負担をかけずに脱力して描く方法

手に負担をかけずに脱力して描く方法

fuusya070109a.jpg




線画クリンアップしていて、今さらながら脱力して線を描く方法に気づきました。


俺は子供のころから筆圧が強くて鉛筆の握り方もヘンだった為、ペン入れは苦手だったんだけど、
線を縦に描くと腱鞘炎が痛いので横方向(やや右斜め上)に描く方法に変えてみたら、脱力するのが非常に楽で、腱鞘炎が痛くない。
縦に引くと痛い。横(やや右斜め上)に引くと痛くない。


これはもしやペン入れに開眼したのではと思って今日は線画をクリンアップしてました。


要するに、ペンを縦方向(反時計回り)に走らせると脱力しにくくて、俺みたいに腱鞘炎になりますw
んで、ペンを横方向(時計回り)に走らせると、脱力が非常にしやすく、腱鞘炎が痛くないです。


腱鞘炎になってから気づいても遅いだろ・・・って感じですが、今さらながら脱力してペン入れする方法に気づきました。
まあ、右手のほうはだいぶ治って、ペンタブでペン入れしても痛くならないレベルまできたので、いい感じにはなってます。


ペン入れ初めてしたのは7年前だったから、7年越しの悲願達成って感じ。
そんなんで7年もかかるなよwって言われそうだけど。
腱鞘炎にならなきゃ紙をグルグル回すなんてめんどくさくて、脱力のしかたを開眼することなんて無かった、みたいな。


ちなみに、俺的にはペンタブでお絵かきソフトで描く場合は、カブラペンの1mmって設定がいい感じに線引けました。入りと抜きがやりやすいです。
あと、横方向じゃないと線引きにくいので、紙をお手軽に回転させられるソフトのほうがいいです。
ComicStudioとOpenCanvasは紙を回転させるのが簡単なのでおすすめ。





人気ブログランキングに一票お願いします。






テーマ : 自作イラスト - ジャンル : アニメ・コミック

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。