スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腱鞘炎

タグ:腱鞘炎



とにかく腱鞘炎を治さないことにはどうにもならないという事で、腱鞘炎についてさらに徹底的に調べてみた。
そうしたところ、たいへんな事実に気づいてしまった。これは驚愕である。

つまり、


俺、ドケルバン腱鞘炎じゃねエエエエエエええええええええ!!!!!!!!!




腕の親指方向から腕にかけて内側が痛いし、調べてもドケルバン腱鞘炎としかでてこないので完全に勘違いしていた。
が、ドケルバンとはどうやら親指と手首の内側の付け根部分の骨あたり、の狭窄症らしい。
しかしながら俺の場合はどこが痛いかというと、親指と人差し指の延長上の、手首の外側にある真ん中やや左よりの小さな軟骨部分から腕にかけてである。

この症状を調べてみた結果、長母指伸筋腱に生じる腱鞘炎、であることが判明した。つまり、ドケルバン(親指側の短母指伸筋腱と長母指外転筋腱が通過する溝に起こる腱鞘炎)ではなかった!!!!!!!!!!!!!

このせいでテーピングしてもどうも効かないし、湿布を貼ってもなんかいまいち全然治んなかった悪寒。
湿布を貼る位置とテーピングを完全に変更したところ、なんかすごい効くんですけど。
患部がビリビリくる感じ。

ちなみに湿布どこに貼ったかというと、3cm角くらいに小さく四角く湿布を切って、手首の上側真ん中やや←にある軟骨みたいなとこ。
親指を伸ばしたときに腱が2本浮き出るけど、それの上側のほうの手首にくっついてるとこです。下側のほうがドケルバン。
それと、後で書きますが、腱交叉部のとこに湿布を面で貼る感じ。


だいたい、親指使っててなったんじゃなくて、マウスを内側に手首を捻ってたのとペンタブで縦線引きまくってて(ペンの持ち方ヘンなので親指は完全にコロシてる状態であんま使ってない)なった腱鞘炎なんだから、手首外側の腱鞘炎なんですよ、冷静に考えて・・・
つまり、手首を倒してはいけないし、親指もだけど人差し指とか手首自体を使ってはいけない。手首を外側に反ってると妙に気持ちいい・・・
でもってマウス厳禁だ、これは。指を軽く曲げた状態(マウス持った状態)で手首を動かしすぎるとなる症状だねこれは。間違いない。タイピングも治りを遅くしてる一因だね。手首を前に倒しちゃダメ。


ちなみに、この腱鞘炎(前腕の腱鞘炎)の場合、朝起きたときはまるっきり痛くありません。寝起きが一番スッキリ爽快な感じ。使ってると一気にガーって熱持ってくる感じです。なので、使ってないとまるで痛くないので、ほっといてしまう。


素人判断がいかに危険か、身を持って知った一例といえるだろう。しかも、急性らしく(というか速攻でなったから急性に決まってた)、ステロイド剤打つと速攻直るらしい。

てか、小さく切った冷湿布貼ってるんだけど、湿布がすげー痛いんですけど・・・


これだああああ→http://www2.eisai.co.jp/clinician/cl_02_512/cl_02_512_12.htm

腱交叉症候群っていうらしい。
まるっきりこの症状で、このb部分の腱鞘炎と同時に交差部分が炎症起こして熱持ってきます。つまりb部分から腕の内側にねじるような感じで痛くなる感じ。ドケルバン部は全然痛くないです。

男がなるマウス症候群系ってこの腱交叉症候群の可能性高いと思う。マウスって親指あんま使わないし。まず腕の筋肉が疲れてきて、その疲れがなぜかb部分の腱鞘炎と同時に交叉症候群となる感じ。

ってことは、長母指伸筋腱に生じる腱鞘炎じゃなくて、橈側手根伸筋腱(人差し指に繋がってる腱と筋肉)の腱鞘炎じゃないの?

人差し指でマウスクリックとホイールしまくるからなるんじゃないかと。てか間違いないだろこれ・・・原因は親指じゃなくて人差し指ですよ!これは!

これはまさに クリック症候群 の悪寒!


ちなみに、俺は去年の7月に右腕の腱鞘炎になってから左手でマウス操作しています。そうしたところ左手も同様の腱鞘炎になってきたのでたぶん間違いない・・・ただ、左手でマウス使ってると左クリックを中指か薬指ですることになるので右手のときほど悪化しない感じ。

ためしにテーピングを人差し指にしてみようと思います。親指固定しても全然なおんねーし。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。