スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ感想率調査-8月終了番組調査

タグ:感想系駄文


◇◆アニメ感想率 結果◆◇

前期アニメの終了番組感想率が出たみたいです。

コレ→http://www33.ocn.ne.jp/~sakurahi/home/omoituki/kanso_ritsu0508e.html#shuryohyoka



1位にまほらばが来てます。まほらばは個人的には最終回が良かったので終わりよければすべて良しって印象です。


順位の下のほうはなんとなく納得。こいこいがちょい低すぎなのは納得いかないけど。

いま振り返ってみて、8月終了番組の中で個人的に好きだったのは、フタコイオルタナティブとこいこい7かな。


フタコイは、PCにキャプチャボード付けて最初にHDD録画したアニメでした。1話がとんでもなくクオリティが高くて、5年ほどアニメ離れしてた俺をこっちの世界に引き戻した作品として記憶に残ってます。
この作品は、イカが恋太郎の不安の隠喩として機能してるんだけど、この構造ってネガティブハッピー・チェーンソーエッヂなんじゃないかと思うんですがどうでしょう。ネガティブ~では、社会の不条理の隠喩としてチェーンソー男が出てきて、主人公とヒロインの絵里ちゃんでチェーンソー男=不条理に挑みます。
フタコイでは、
イカ=恋太郎の不安のメタファー
ネガティブ~では
チェーンソー男=社会の不条理のメタファー

という感じ。
んで、どっちもヒロインと一緒に戦うわけだけど、世界を救うセカイ系よりももっと小規模で、最小限の単位の自分の自我を救済する物語って感じ。

感想率調査のところの、[おもろ]な評価をしている人のコメントの、
「こういうのは嫌いではない。しかし、終盤、大きくて得体の知れない不安や社会的障害のメタファーであったはずのイカ男などが、悪の秘密結社の陰謀という、打倒しやすい形にすりかえられたことに、失望。」 もけー日記

というのには同意する部分があります。秘密結社という絶対悪を出してしまうと、ラストは分かりやすくなったけど勧善懲悪ムードになってしまうので、一番肝心な恋太郎が不安を克服していくというテーマがぼやけてしまったという気がします。
ネガティブ~ではどうしてるかと言うと、時速200kmに達するバイクでチェーンソー男に特攻するも、結局死ぬ資格すらなくグダグダと平凡に生きる事しか出来ない自分を受け入れます。つまり、ネガティブ~では、社会の不条理を受け入れるという事だったのかも知れません。だから敵としてのチェーンソー男は消えた、そんな印象をネガティブ~には持ってます。
この意味で、フタコイとネガティブのラストは違うと言えるのかな。俺が読み違えてるのかもしれないけど。
といいつつ、8月終了番組の中では個人的にTOPです。UFOtableの次回作ももちろん録画するつもり。


こいこい7は、濃い濃い7って感じです。英訳するとDeep,Deep seven.
いい感じ。
水樹奈々演ずるガンタイちゃんが、トランス風ソングを歌いながら目から煙出して倒れるシーン(ウォーズマンみたいだった)と、火山が爆発するシーンが印象的な作品でした。
こいこい2期やってくれないかなあ。

テーマ : アニメ関連ニュース - ジャンル : アニメ・コミック

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。